未分類おすすめ逸品にわか百姓日記美味しいお店想いやり生乳バイク大好き正義と真実の・・・(^_^.)出来事 うちのかわいいやつ
広島県福山市 はきもの博物館のそばで 『いこうさんのお店』という名前のお店をしています。 おいしい食べ物を探して、みなさんに伝えて行きたいです。
--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆ いこうさんのお店 ホームページへ
☆ いこうさんのお店 ネットショップも始めました (商品の購入が可能です)
ご予約・お問い合わせへ
2010.08.03 Tue

福山は、ぶどうの産地でもあります。

沼隈町、瀬戸町、神辺町、などなど、沼隈は、有名どころですね。

沼隈の酒屋の田中くんは、ぶどうを使って、思いのこもった、ワインを作っていますし、福山の砂糖屋さんの中島くん(homezouさんね)は、高級ぶどうジュースを作ってます。

地元のものを使い、みんな頑張っています。


そんななか、僕は、ちょっと方向が、違うのかな??

時代と真逆な取り組みを、ぶどうつくりを3年前からしている、福山ぶどう姉妹に提案して、今年ぶどうの樹の一部を、協力してもらっています。

それは、ノンジベレリンぶどうなのです。

生食用では、時代遅れのいわゆる、ニューの付かない、ベリーAであり、ニューの付かない、ピオーネです。

つまり、種有ぶどう

食べやすいために、種を無くすジベレリン処理が、本来当たり前になっている世の中で、薬漬けで、種が無いのは、植物として、不自然すぎるとの、考えに、福山ぶどう姉妹が、同調してくださったのです。

まさに、チャレンジャーです。

ジベレリンは、成長ホルモンでもあるので、価値が下がるかもしれませんし、今後、味がのらないかも知れません

そのなかで、ただ単に、僕が理想としていることを、やってくれた、ぶどう姉妹には、感謝しかありません

それに、応えるためにも、しっかり皆様に理解してもらい、販売もあわせて請け負うことになります。

その時は、よろしくお願いしますm(__)m

ぶどうの生産者の方々が、このブログを読まれれば、こいつらアホじゃと思われるかもしれません

ですが、やってみたい。

男として、種が無いのは、納得がいかないのです!!(擬人化??)


もともと、ぶどう姉妹は、減農薬で安心できるぶどうを作りたいとの思いのある方なので、今年も、一般のぶどうに比べて、半分以下3/1くらいの薬剤散布で、栽培なさっています。

安心でしょ。。

そのぶどう畑に、行ってきました。 

午後の3時です。

むちゃくちゃ、暑い中で袋掛けの作業が追いついてないからと、もくもくとされてるところをお邪魔しました。

ぶどう畑
鳥よけに、ネットなど張ってあります。

ぶどうニューベリーA

いいニューベリーAでしょ これは、ジベレリン処理してあります。

ぶどうニューベリーA多

いい色になっていますが、まだすっぱ目です。


そしてこれが、ノンジベレリン処理のベリーAです。

ぶどうベリーA
まったく、色が来ていない。

これほど違います。
成長促進ホルモンってのは、すごいですね。

大粒で、生育促進して、お盆の進物需要に間に合わせれば、価格も高く買ってもらえるから、早く作ることが命題になっているので、ジベレリン処理は、農家では外せませんよね。

ぶどう混合

浸けているものと、そうでないものは、これだけの差があります。

すんごいですね。

で、僕も袋掛けを手伝ってきました。

中腰で、汗ダラダラでの作業は、きついです。

上に樹が、張っているので、立てれないのです。

しかし、袋掛けも、なんとかめどが付いたようです。

ぶどう袋

字で書くと、なかなか伝わりませんが、ほんとたいへんです。

ぶどうのみならないのですが、一次産業には、年配の生産者が、多いので、ますます、やっていかれない生産者がでるでしょうね。

汗をかきながら、いろいろ思いをはせてしまいます。

真面目な人が、ちゃんと理解されて、不合理な目にあわないような社会で無いとな。。なんて、考えちゃったりします。

それほど、なにかを感じてしまいます。

どうですか、農業のお手伝いも、してみませんか?

福山の生産物であれば、ご希望の生産物の方を紹介しますよ(笑)






☆ いこうさんのお店 ホームページへ
☆ いこうさんのお店 ネットショップも始めました (商品の購入が可能です)
ご予約・お問い合わせへ
homezou
さすがIKOさん、徹底していますね。
ジベ処理とそうでないものの比較画像は興味深いですね。そしてジベ無しブドウの色がいつ付くのか、これもまた興味深いです!

2010.08.05 Thu 00:47 URL [ Edit ]
iko
homezouさん こんちは
ノンジベしたぶどうがどうなるかは、多分、ぶどう農家の方々は、みんな知ってらっしゃることでしょうけど、
大量の農薬を使う農業に、ちょっと疑問があるだけなんです。
対処療法のような、農薬散布も、いかがなものかと、思っています。しかし、農家の方にも、それなりの収入になっていただきたいとも思っているので、そのバランスをどう取るかが、これからの課題ですね。



2010.08.05 Thu 13:29 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://ikoikoiko.blog72.fc2.com/tb.php/786-5bccc01d
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。